結婚式の祝電のマナーをチェック

結婚式の際に送られる祝電は、新郎新婦への祝福の気持ちを言葉に載せて贈るお祝い電報です。結婚式や披露宴にせっかく招待されたけれど、都合がつかずやむをえず欠席しなければならない時や、招待はされていなくとも祝福の気持ちを表したい時などに送ります。個人として親戚や友人、職場の同僚などに送る場合だけでなく、会社として取引先の関係者へ送ることもあるでしょう。結婚披露宴で祝電を読み上げられることもしばしば有りますので晴れの舞台に相応しい心のこもったメッセージを送りたいものです。結婚式の祝電には手配のタイミングや記載の内容などに知っておくべきポイントがあります。マナーを守って日頃お世話になっている大切な相手が喜ぶよう祝電を送りましょう。

祝電の配達方法やタイミングについて

まず結婚式や披露宴の日時や会場の住所・会場名をあらかじめきちんと確認しましょう。挙式の式場と披露宴会場とが違う場合では、披露宴会場に送るのが一般的です。挙式のみ行われる場合には挙式会場となる神社や教会などへ送ります。午前中の挙式や披露宴が行われる場合は、前日に式場へ祝電を届けるようにします。但し、前日に式場の休みや前日には受け取れないといった式場もあるため、事前に式場へ問い合わせておくと安心です。午後の挙式・披露宴の場合は、結婚式・披露宴の始まる1~2時間前までに届くようにします。結婚式の電報の中には、1ヶ月前から申し込みができ、割引があるところもあります。配達日を指定することもできるので、事前に結婚式や披露宴の日時が分かる場合は早めに手配をしておきましょう。大きな会場の場合、同姓同名の別の披露宴に届いてしまったなどトラブルにもなりかねないのであまりにも早く式場へ配達するのは避けた方が良いです。

祝電の書き方で注意すべきこととは

お祝いの場で避けたい、ふさわしくないとされる言葉があります。「別れる」「離れる」「切れる」「戻る」「返す」など、別れを連想させる「忌み言葉」や、「かさねがさね」「ますます」「くれぐれも」「なお」など、再婚を連想させる「重ね言葉」がそれにあたります。結婚式の祝電においても同様に使わないようにしましょう。また、意外に迷ってしまいがちなのが宛名の書き方です。新郎・新婦宛連名にして送るのが理想的ではありますが、新郎・新婦どちらか面識のある方だけに送っても問題有りません。結婚式は両家が主催となって行うものなので、新婦の宛名は旧姓にするのが一般的です。祝電は披露宴中に紹介されることもあるので、文末に必ず送り主の名前を入れておきます。以上のマナーに気をつけながら、新郎・新婦に心を込めたオリジナルのメッセージを贈りましょう。

スマホなら時間を選ばず24時間受付可能!お電話でのお申し込みは8時?22時で受付しております。 法人様の場合、ご請求書払いをご利用いただけます。 100種類以上の電報はどのようなシーンにもマッチ。 人生の節目に伝えたい文例を800種類以上ご用意。用途に合わせて分類から簡単にお選びいただけます。 宛先、差出人、文例をテンプレートとして保存可能で、最大30通の電報を一括申し込みする事も可能です。 結婚式の祝電ならデザイン豊富な「ほっと電報」へ