おすすめの結婚式の祝電の文面選び

結婚式の祝電というのは、スピーチの文面を考えることと同じくらい緊張します。喜んでもらいたい、喜びを伝えたいという気持ちが大きければ大きいほど、悩んでしまいます。そんな時には定型文を参考にするのもひとつの手です。もちろん、そのまま使うわけでは無く、この文面は素敵だなと自分の心に響いた言葉と向き合うということです。響いた言葉というのは、少なくとも自分の気持ちと合う言葉だったという事です。言葉を探すことは気持ちを探すことに似ています。洒落た言葉を探すこともあると思います。それが自分の心に響く言葉なら、きっと素敵な文章です。でも無理に洒落た言葉を探す必要もありません。おめでとう、幸せになってほしい、健康でいてください、困ったことがあったら思い出してほしい言葉など、素直な言葉でよいと思います。

粋な文章にする案は色々あります

面白い文章である必要もありませんが、ちょっとクスッとしてしまう文章や粋な文章というのは、やはり憧れます。例えば会社関係の方なら辞令のような文章を作ってみたり、会社でよく作られる注文書や納品書などになぞってみたり、亡くなった方の分もお祝いしたいという気持ちを送り主を亡くなった方にして言葉を選んだり、お祝いの言葉にお世話になった感謝の気持ちを添えることで新郎新婦の人柄を紹介したりなど、色々な案があると思います。自分の気持ちに合う言葉を探してみてほしいです。結婚式ではお祝いの祝電には電報自体に仕掛けがある物も多く見ることがあります。ぬいぐるみ付き、バルーン、ペーパーアート、お花付きなど、言葉だけでなく記念になるものもなど、多くの種類があります。祝電で場が華やかになり、物によっては半永久的に記念品として持っていることができる物もあります。

祝電は前日までに届くことが大事です

お祝いの言葉も贈り物も喜ばれるものですが、もちろんマナーや場の雰囲気もありますから、注意が必要なことがあります。有名なところですと忌み言葉を使わないということです。失う、切れる、冷える、別れるなど、新たな門出にふさわしくない言葉や、返す、帰る、くれぐれ、重ね重ね、繰り返し、など再婚を連想してしまう言葉を使う事も良くないと言われています。そして、どんなに良い言葉をつづった電報も結婚式が終わった後では意味が激減です。式の前日までに式場に手配されるように手配をしてください。結婚式の案内は最低でも数か月前にはあると思いまし、電報は1か月前から申し込むことができます。ゆっくり考えて前日に間に合わせることは十分可能です。また新婦宛ての祝電は旧姓で宛名を書くことが一般的です。