感動を呼ぶ結婚式の祝電のすすめ

祝電とは結婚式に招待されたが、出席できない場合や招待はされてないが、お祝いの気持ちを伝えたい場合に電報を打ちます。この電報を祝電といいます。電報は1ヶ月前から申し込みが可能で当日配達もできます。電話からインターネットからなど申し込み方法は様々です。その際に必要な情報は電報を届ける日、届ける会場の住所、分かるならば部屋の名前も必要です。そして電報の受取人の名前です。会場の名称と新郎新婦のどちらかの名前を書きます。新婦に当てる場合は、旧姓で送ります。そして一番重要な文面ですが、祝電は縁起の悪い言葉や再婚、再縁をイメージさせる重ね言葉は使うと失礼にあたるので注意が必要です。調べてみるとそういった言葉はたくさんあるので、結構文章を作るのが難しいです。せっかくの結婚式なので祝福の気持ちを伝えるのと同時に感動もしてもらいたいですよね。そこで今回はおすすめの祝電の文例や感動を呼べる祝電を紹介します。

感動の祝電を!電報を打つポイント

電報会社で文例を用意しているところもありますが、せっかくの結婚式のお祝いを文例そのままで送るのではなく、自分で考えておくりたいという方に感動を呼ぶ祝電の書き方のポイントです。付き合いの長い友人へ祝電を送る場合、お祝いの言葉にさらに特に印象に残っているエピソードを足すと新郎新婦もその思い出を思い出すきっかけにもなり、形式的ではなくて、送り主の思いも感じられるので、大切に想ってくれているのだなと感じることができます。次にこれは書き方のポイントではないですが、亡くなった親族から送るという場合。これは実際にはご家族や親族の方が代わりに打つものですが、新郎新婦がおじいちゃん子、おばあちゃん子だったのであれば、亡くなった祖父祖母から急に電報が届いたとなればびっくりします。もちろん誰かが代わりに打ったことはわかります。それでも亡くなった方との思い出が思い出されるので感動してくるものとなります。

おすすめ!感動を呼ぶ寄せる祝電文例

どうしても自分で考えられない、という方におすすめの祝電の文例を紹介します。まずは定番の「二倍と半分」です。新郎新婦ふたりなら、楽しいことや嬉しいことは「倍」に、悲しいこと辛いことは「半分に」になる、という結婚式の祝電文例の定番のフレーズです。良いことを倍に良くないことを半分にというふうに作れば色々なバリエーションができます。楽しさや幸せ、苦労だけでなく、人との繋がり、絆も倍になるということをテーマにすることもオススメです。また詩や歌詞のフレーズを使用しても良いメッセージができます。「小さな奇跡」や「世界に一つだけの花」など結婚式にぴったりな歌からフレーズをもってきてつくると感動的な良い祝電が作れます。また会社や職場の同僚からであれば、「職場はもう一つの家族」や「かけがえのないサポーター」などといった言葉は会社の同僚みんなで送る祝電にとてもぴったりな言葉です。