最近の結婚式の祝電の傾向をまとめます

結婚式の祝電は式に参列することができない人が、新郎新婦へお祝いのメッセージを送るものです。大変おめでたい席に送る祝電には、いくつかのマナーがあります。特に切れるや別れる、といった別れを連想させる言葉や、たびたびやしばしばなどの再婚を連想させる言葉は避ける必要があります。また、結婚式の祝電の手配は披露宴が開始される1時間前までに届くようにしましょう。結婚式は前もって日程が分かっているので、事前に準備しておくと早割などのサービスを受けることもできてお得です。また宛名は、一般的には二人宛が望ましいですが、新郎新婦との関係性によってはどちらか片方でも良いです。メッセージの内容はオリジナルのものが望ましいですが、電報サービスには多くの文面例があるのでそれらを活用するのも一つの方法です。

エピソードを盛り込んだオリジナルの電報で感動を

結婚式に参列することができない、または家族挙式だからお祝いの気持ちを伝えたい、そんな時に祝電はとても有効な手段です。電報会社には多くの文例が用意されているので、それらを活用するのも便利ですが少し物足りない感じもします。感動的な挙式に相応しい祝電の内容とは、新郎新婦とのエピソードを盛り込むと良いでしょう。一緒に旅行に行った時の思い出や学生時代の思い出、印象的なエピソードを入れることで、形式的ではない送り主の思いも感じることができます。また亡くなっている親族の思いを代弁して祝電を送る方法もあります。家族が代わりに新郎新婦の亡きおじいちゃんおばあちゃんからの祝電を送れば、ちょっとしたサプライズにもなるでしょう。どちらも世界に一つだけの素敵な祝電になること間違いありません。

バルーンやぬいぐるみなど人気の祝電

結婚スタイルの多様化やオリジナルの結婚式へのニーズの高まりによって、祝電の種類もどんどん増え続けています。さらに結婚式に送ることができる祝電は、とても華やかなものが多くさらにそんな華やかなものが主役の新郎新婦から好まれる傾向にあります。特に活用されているのがキャラクター電報です。様々なキャラクターを選ぶことができるので、好きなキャラクターを送れば特に喜ばれるでしょう。さらに最近ではバルーン電報も人気です。披露宴や二次会を華やかに演出することができるのも人気の理由です。またマカロンやマシュマロ、チョコレートなど食べられる電報も人気があります。見た目も可愛く、食べても美味しいと一石二鳥です。そして忘れていけないのはぬいぐるみ電報です。新郎新婦に扮したぬいぐるみ電報は、送りやすい価格帯というものあり定番人気です。